<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「燃えよデブゴン7」 | main | 「ハチミツとクローバー」 >>
「麦の穂をゆらす風」
JUGEMテーマ:映画


大英帝国の支配下にある、1920年代のアイルランド。
英国軍の兵隊に、同胞が些細なことで痛めつけられ、殺されるのを見てきたダミアンは、ロンドンで医者になるのを止め、IRAに参加し、母国アイルランドで戦いに身を投じる。

武力に訴えることが最善とは考えない知的なダミアンが、白兵戦をものともしない兵士になってゆく必然がこれでもかと描かれ、観るものを納得させる。
支配とは、抑圧とは、酷いものだ。

英国軍をアイルランドから撤退させる条約の批准に成功したアイルランド政府だったが、それは全面解放ではなく、英国王室の支配を存続させるものだった。
同胞の中で、完全独立を望むものと、条約批准を完全独立への端緒と見做し受け容れるものとが、対立し、殺し合うときがやってくる。

アイルランドの民を貧しさから救いたいダミアンは、市民がみな平等な共和国を作りたいと、英国からの完全独立を望む。
ダミアンが、IRAで共に戦った兄・テディは、後者に属し、兄弟は、同胞が殺し合う戦いに、それぞれ組織の一兵士として身を置くことになる。

結末は、あまりに惨い。
この映画に描かれていることは、しかし、今日も世界のどこかで現実に起きている。

支配も、抑圧も、戦争も、奪いこそすれ、何も生まない、と、映画は、名もなきアイルランドの人々を静かに映し、語る。

映画を観た、とは、簡単に思えないほど、身に迫る作品だ。
* 18:34 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 18:34 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック