<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 | main | 「スコルピオンの恋まじない」 >>
「天使と悪魔」
評価:
ダン ブラウン
角川書店
¥ 4,935
(2006-12)

JUGEMテーマ:ミステリ
 
期待どおりの面白さ。
緊迫する場面の連続に、思わず「フギャ」と声を上げながら読んだ。

コンクラーベの最中に、バチカンに「反物質」がしかけられるという事件は、同じ作者の『ダヴィンチ・コード』より大それていて、ドキドキする。
科学と宗教の対立のものものしさは、綿密な細部の描写によってリアリティがある。

博物館で類人猿を眼にし、「こんな下等なものが人類の祖先だなんて、絶対に信じない」と声を上げているカソリックの若い白人女性を、以前見たことがある。
ほかにも、西欧では、学校の授業で「ダーウィンの進化論」の段になると、教室に緊張が走ると聞いた。
「エミリー・ローズ」は、精神的な病と思われる少女を、エクソシズムで回復させようとし、結局少女を助けることのできなかった神父が、法廷で裁かれた、実際のケースの映画化だった。
小説に出てくる事情は、キリスト教社会的であるけれど、問題を理解することは難しくない。

本書は、神とは何か、神を信じるとは何か、信仰とは何かを読むものに考えさせながら、宗教による弾圧に抵抗してきた科学者たちの軌跡を、とびきりの面白さで謎解いてゆく。
「ヴィジュアル愛蔵版」には、科学研究施設やローマの礼拝堂、バチカンの大聖堂など、舞台となる場所や物事のカラー写真が場面場面に豊富に差し込まれてい、ラングドン教授が今どのような状況に面しているか、想像しやすかった。
実在の物事が題材になっているので、ローマにもバチカンにも行ったことのないわたしには、ヴィジュアルは読む上で大きな助けになった。

本書は、『ダヴィンチ・コード』より前の作だそうだけれど、どちらかというと、本書の方がより面白く仕上がっていると思った。
すでに映画も公開されている。
『ダヴィンチ・コード』の映画は、膨大な内容の原作をかなり省略して時間内におさめていて、うまくまとめていたが、原作の密度の高い面白さを縮小してしまっている感じは否めなかった。
本書の映画化はどうであろうか。
* 10:13 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 10:13 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック