<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ヤッターマン」 | main | 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 >>
「親密すぎるうちあけ話」
評価:
---
ハピネット・ピクチャーズ
¥ 3,534
(2006-11-24)

JUGEMテーマ:映画
 
税理士である中年男性を訪ねて来たのは、同じ階にある心理カウンセリングと部屋を間違えたアンナ。
彼女は、性的不能になった夫との間の悩みを打ち明けはじめる。
税理士は、彼女が部屋を間違えたことを察するが、彼女への興味から言いそびれ、話を聴きつづける。

やがてアンナも、話している相手がカウンセラーでないことに気づくが、税理士の関心を煽るように、赤裸々な内容まで打ち明けてゆく。

アンナと税理士は、核心に触れないまま、あくまで「打ち明ける者」と「打ち明けられる者」として会いつづけるものの、アンナの行動を怪しんだアンナの夫が税理士の前に現れ、事態は急転する。

アンナの謎めいた打ち明け話は、その夫の登場によって、ほぼ本当らしく思われた。
夫が不能になるきっかけとなった事故を起こしたアンナは、責任を感じ、夫の理不尽な要求に苦悩していたのだろう。
だからカウンセリングを受けに来た。
話している相手は医師ではなかったのだが、結果、アンナの夫は、税理士と妻との関係を誤解したことで奮い立った。
アンナは夫への呵責から解放され、離婚し、旅立つ。

さえない税理士のプラトニックでマゾヒスティックな恋心は、同監督の「仕立て屋の恋」や、「歓楽通り」を思い出させる。
見方によっては、税理士はアンナとその夫の関係の修復のための刺激剤として利用されたといえるが、それは、税理士のマゾヒズムを満足させるものだったかも知れない。


シーンのほとんどが、税理士の部屋の中。
シンプルで上品な色合いの税理士の仕事場ではあるけれど、今のわたしには、少々息詰まる感はいなめなかった。
この頃、映画をあまり観ていない。
わたしの精神的なコンディションがよくないのだろうか。
* 14:10 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 14:10 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック