<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「映画 ハゲタカ」 | main | 「ブルグ劇場」 >>
「レッドクリフ Part 供
 JUGEMテーマ:映画

前作を観て、続編は盛り上がるのかと期待していたけれど、そうでもなかった。
大味で、緊張感が薄い。
『三国志』という、せっかくの素材なのに、がっかり。
ジョン・ウーは、ハリウッド的ダイナミックさを身につけているのかも知れないが、わたしは、中国ネイティヴの、例えば「さらば、わが愛/覇王別姫」のような、「菊豆」のような、芸術性も感じさせる映画を求めていたから。

中国経済の隆盛は、かつての日本のバブルを見ているような、それでいて、投機に西走する中国人のお金儲け好きは、日本人の比ではないなあ、と、感じもするが、李白や杜甫を生んだのも中国である。
「さらば、わが愛/覇王別姫」のような、「菊豆」のような映画を創るのも中国、順番を守らないなど、公共マナーが悪いと言われるのも中国。
国土の雄大さそのままに、いろんな中国があるなあ、と、思う。
* 13:53 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 13:53 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック