<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「天使と悪魔」 | main | 「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010~GRAVITY~ 」 >>
「ヒトラーの贋札」
JUGEMテーマ:映画
 
何気なく観はじめたけれど、テンポのいい運びで、引き込まれた。
ナチスが贋札を製造したことは、聞いたことがあったが、強制収容所のユダヤ人にさせていたのは知らなかった。

収容所の有様は、『シンドラーのリスト』や『戦場のピアニスト』などで、リアルに描かれてきたのと同様の悲惨さ。
人が人でない、およそ命あるものとして扱われない。

だが、この映画は、ナチスの悪行を暴こうとするものでもないし、ナチスの検証を目的としたものでもなく、極限の状況に置かれた人達をありのまま写し撮ったものだと思った。
贋札作りは犯罪に違いないけれど、戦争においては、善悪の尺度が狂ったり、間逆になったりする。
そういう中で、作業を強制された囚人たちは、自らの命と、人間の尊厳とを、天秤にかけなければならなくなる。
狂気の支配する空間で、自分を見失わないことの過酷さよ。

映像はどうしようもなく悲惨なのだけれど、囚人たちの失われない人間性のせいか、不思議と目を背けることもなく、見終えることができた。
* 21:58 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 21:58 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック