<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ヒトラーの贋札」 | main | 「メトロポリス」 >>
「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010~GRAVITY~ 」
JUGEMテーマ:音楽
 
エモーショナルにみなさんと繋がりたい、と、三浦大知さんがMCで言った通り、エモーションのビンビン伝わってくる映像で、涙が込み上げた。
はじめは大知さんの繰り広げるステージクオリティに感動しての涙だったが、このライブDVDの終盤に近づくにつれ、これだけ歌って踊って声量が落ちずダンスのキレも落ちないために、どれほどの努力をしているのだろうと想像して、また泣いた。

赤坂ブリッツでのライブを収録した前DVDに比べ、Zepp Tokyoでのライブ収録は、会場が大きいせいか、音の抜けがよかった。
ステージの広さも、ダンサーたちを含め動き易そうに見えた。
こぢんまりしたライブハウスは、観客はステージを近くに感じられていいけれど、踊って「魅せる」大知さんには、もう少し広めのステージが相応しいと思っていた。
このツアーからだろうか、フルではないけれど、生バンドがついていて、「やっぱり生演奏はいいなあ」と思った。
大知さんの後ろに、ダンサーたちとバンドを配するなら、ステージの広さは確保したいところ。
会場が広くなれば、それなりの演出が必要だと思うけれど、大知さんならできる、と期待している。

何しろ、大知さんの進化が目ざましい。想像以上のものを見せてくれた。
既成のダンスをうまく踊る人はたくさんいるけれど、自分のスタイルを模索し創り上げて見せてくれる人は、そうはいない。
ひと目で「ダイチ・スタイル」とわかる洗練されたキレのある振りつけが、見る者を惹きつけてやまない。

そして、声が魅力的。誠実そうで、甘さもある。
少年時代の伸びやかな高い声を失った代わりに、別のいい声を手に入れたなあ、と思う。
「Flag」の後半でファルセットを使うところがあるが、Folderの「Share Your Love」のときと同じに聞こえ、ちっちゃい大知君を思い出し、ニンマリする。

ところどころなされたCG加工は、決してうるさくなく、映像をいい意味で装飾していたと思う。
ダンスコーナーもカッコよくて、ほれぼれする。
素晴らしい。
今後、どこまで進化するのだろう、と考え出したら、興奮して眠れなくなった。
* 21:14 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 21:14 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック