<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010~GRAVITY~ 」 | main |
「メトロポリス」
評価:
手塚治虫
バンダイビジュアル
¥ 2,598
(2001-12-07)

JUGEMテーマ:映画
 
りんたろう、大友克洋といえば、真っ先に『幻魔大戦』を思い出す。
「サイコキネシス」という言葉にぼうっとなり、「幻魔」という実体のない悪の概念に戸惑いながら、何かとてつもなく新しいモノに触れた心地がした。

『メトロポリス』の、思わず唸ってしまうほど緻密な背景は、『幻魔大戦』を彷彿とさせるし、未来社会の世界観は、『MEMORIES』を思い出させもし、手塚治虫原作でありながら、りんたろう、大友克洋のアニメとなり得ている。

「科学」を掌中に収めたと有頂天になっている人間の驕りが、「科学」の報復に遭うという、シンプルすぎる主題が、今、わたしの心臓を強く打つ。
わたしには、ティマが「核エネルギー」に思えて仕方なかった。
人間の創り出したプルトニウムは、どれほど有効活用しようとしても制御が利かず、結局本来の目的である「破壊」にしか使い道がなかった、という現実と、ティマ創出の構図は、あまりに似ていないか。

「核エネルギー」を手放す聡明さを、人類は発揮できるだろうか。
内閣不信任決議案で眼の色を変えている議員たち、すなわち、原発利権に群がって醜い欲を曝け出している者たちは、聡明さとかけ離れて見える。

2001年に公開されたこのアニメ映画は、戦後間もなく発表された手塚治虫の漫画『メトロポリス』のストーリーをかなり改変しているそうだが、「人間」と「科学」の共存の難しさを描いている点で、手塚治虫を正しく継承していると思った。
別の言い方をすれば、日本の漫画・アニメは、手塚治虫の創り上げた世界の範疇を一歩も出られていない、ということにならないだろうか。

原作は昭和24年。
高度経済成長はまだ遥か先だった時代から、科学を操ることに失敗する人類を描きつづけてきた手塚治虫。
そこに戦争体験の影響は計り知れない。
手塚治虫が、原子力で動くロボット『鉄腕アトム』を、自ら太陽へ突入させ滅ぼした大きな思想を、我々は受け止めなければならない。
* 16:18 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 16:18 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック