<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 情味豊かな人々----「少女の髪どめ」 | main | 「アンドロメダ・・・」 >>
「悪魔のようなあいつ」
中学生のとき読んだ中島梓さんの『美少年学入門』で、耽美に語られてい、想像をたくましくした。
「悪魔のようなあいつ」の放送されていたのは、わたしの生まれて間もない頃のこと。当然、見ていない。
TBSの古いテープが見つかり、DVD化されると知ったとき、即、購入を決めた。

孤児院出身の可門良(沢田研二)は、クラブ「日蝕」で歌手をしながら、体を売っている。不治の奇病を抱えつつ、奪った三億円を隠し持っている。
良に惚れている元刑事、今は「日蝕」のオーナー野々村(藤竜也)は、良が三億円強奪事件の犯人と知り、手元に置いて、警察の追及から守っている。

刹那に生きている若く美しい男と、酸いも甘いも噛み分けた中年男の、対立と愛は、栗本薫の基本構図。

期待に胸ふくらませ見た「悪魔のようなあいつ」は、しかし、想像とは異なり、久世光彦演出としては、「向田邦子シリーズ」より、「時間ですよ」に近かった。

良を追いつめる刑事、若山富三郎の、意味不明なメキシカンハット。
いつでもどこでも、外で買い物するにも白衣の看護師、篠ひろ子。
三億円の風に舞うラストシーン、画面に丸映りしている扇風機。

など、笑えるツボを数え上げたらキリがない。
おもしろいドラマである。

悪魔のようなあいつ DVDセット1
悪魔のようなあいつ DVDセット1

悪魔のようなあいつ DVDセット2
悪魔のようなあいつ DVDセット2

美少年学入門
美少年学入門
中島 梓
* 23:34 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 23:34 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック