<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「チャンプ」 | main | 「シャレード (2002)」 >>
「天空の城ラピュタ」
評価:
---
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,400
(2002-10-04)

金曜ロードショーで、何度観たことか。でも、何度観ても面白い。

はじめて観たのは、小学生のときだった。
地元の大学の学園祭へ行ったら、漫画研究会がビデオを上映していた。
一緒に行った友人が、「ラピュタ、好き」と言って、テレビの前に陣取ったので、わたしも隣に坐った。
シータとパズーがドーラ一家から逃げている辺りまで話が進んでいた。
これが、面白い、面白い。
音をスピーカーで出していたので、迫力があり、ドキドキした。

そのときは時間がなく、中座したが、ほどなくテレビ放映があった。
その後も、しょっちゅうテレビで放映してくれるので、毎回観ている。
筋を知り尽くしているのだけれど、観る度に面白い。
ドーラ一家の所有する、蜂みたいにブンブン飛ぶ乗り物での飛行シーンは、鳥肌ものだし、ムスカたちに捕らわれたシータを助けに、ドーラ一家とパズーが飛行する場面は、毎回大興奮、「ここが観たくて観ている」と言っても過言でないほど。
塔の上にいるシータを助けるなんて、パズーってば、ランスロットみたいでイカす。

とにかく、全編通して、無駄がなく、台詞も粋な、名作である。

声優たちのキャスティングのハマっているのも、安心して見ていられる。
パズーの声は、田中真弓氏。

「俺は女だー!!」

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェに比肩するかっこいい女、『うる星やつら』の藤波竜之介である。
田中氏には、『ドラゴンボール』のクリリン、『ONE PIECE』のルフィ、『おそ松くん』のチビ太など、メジャーな仕事がたくさんあるが、わたしの中では、何といっても竜之介である。
もしくは、NHK教育『ともだちいっぱい』のモンタ、そしてギャースカ(名演だった)である。
(余談だが、モンタとソラミの着ぐるみに入っていた人は、水島裕より小さくなるためか、膝を曲げていたのが、画期的だったが、いかにも歩き辛そうだった。)

『天空の城ラピュタ』で、田中氏は、頼りになる男の子パズーを、かっこよく演じている。
そして、パズーとシータの関係は、『未来少年コナン』のコナンとラナに似ている。
『天空の城ラピュタ』は、『未来少年コナン』のコンセプトを受け継いだ、続編的な作品に見える。
主役の二人が、本人たちはまったく意識なく、エロシチズムを漂わせているところもそっくりである。


空から女の子が降って来たり、雲の上に浮かぶ都市があるかも知れなかったり、言い伝えがほんとうかも知れなかったら、ゾクゾク・ワクワクすること間違いない。
無条件に楽しめる冒険活劇である。
* 19:48 * comments(0) * trackbacks(2) *
スポンサーサイト
* 19:48 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック
http://mangado.net/82A882BB8FBC82AD82F1/
おそ松くん『おそ松くん』(おそまつくん)は、赤塚不二夫の漫画である。かの天才バカボン以前に描かれた作品で、赤塚氏のギャグ漫画家としての確固たる人気を確立した作品である。「週刊少年サンデー」に1962年から1967年まで連載されていた。また、特番として、少年サ
| アニメ・マンガ 集まる! | 2007/09/29 7:50 PM |
ペット監視カメラ「ロボリア」
ペット監視カメラとしても利用できる 留守番ロボット「ロボリア」携帯で操作できるペット監視カメラロボリオ。愛するペットをこのペット監視カメラが見守ってくれます。ロボリアとは、携帯電話「FOMA」を遠隔操作によりロボリアを移動させ、多彩なカメラ機能と通信機能
| ペット監視カメラ | 2007/07/01 6:58 PM |