<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誰にも欠点はある----「お熱いのがお好き」 | main | 何のために歌うか----「月とキャベツ」 >>
田中裕子の魅力全開----「ザ・レイプ」
恋人の家から自分のアパートへ帰る途中にレイプされた女性が、被害を警察に届ける。犯人の弁護側は、女性の過去の不倫を暴き、そういう素行の女性だからレイプされたのだ、されうる過失があったのだといわんばかりに、裁判を展開する。傷ついた彼女を支える現在の恋人との関係が、過去の恋人の登場で、ギクシャクしてしまう。

落合恵子原作。ショッキングな題名だが、内容はドギツいものではなく、東陽一監督らしい趣のある作品。
なんといっても、主演の田中裕子が魅力的。色香が匂い立っている。
思いもしない方向へ進んでゆく裁判で傷つき、恋人の信頼をも失い、別れを決める。判決の出たあと、裁判も、恋人も思い切り、新たな一歩を踏み出すまでの、女性として成熟してゆく演技表現が素晴らしい。

田中裕子の恋人役は、風間杜夫。
この二人が、やはり恋人役で共演した、「日本フィルハーモニー物語・炎の第五楽章」という映画があるらしい。見てみたい。

ザ・レイプ
ザ・レイプ
* 09:49 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 09:49 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック